石油備蓄の重要性と役割

経営理念

Mission ~JERAグループ石油備蓄会社における使命~

世界情勢等による石油危機に対して安定した水準の国民生活を維持できるよう「ことごとく」備え、社会の安定的発展と豊かな明日へ貢献します

Vision ~Missionを実現するための目指す姿~

Kaizenに取り組み、圧倒的に高い技術力を有する石油備蓄事業におけるリーダーを目指します

Value ~Mission/Vision達成にむけた共有すべき価値観・行動原則~

  • 「安全の最優先と法令遵守の徹底」
    私たちは何事においても安全を最優先し、法令の遵守を徹底するとともに、高い倫理観のもとで誠実に行動します
  • 「社会貢献」
    私たちは地域に根ざした企業活動を通じ、豊かな社会づくりに努めます
  • 「多様性の尊重」
    私たちは一人ひとりの個性と自主性を尊重し、快適で良好な職場環境づくりに努めます
  • 「変革・挑戦」
    私たちはエネルギー事業に関する知見を共有し、常に選ばれるための新たな価値創造・変革に挑戦し続けます

石油備蓄の重要性

石油のほとんどを輸入に頼るわが国では、緊急時に備えた石油備蓄が欠かせません。特に輸入依存度の高い中東は政情が不安定な地域であるため、不測の事態に左右されることなく石油を供給できるよう、わが国では国家と民間と産油国の3本立てで石油を備蓄し、国民生活の安定を保障しています。

石油備蓄の役割

石油危機による市場の加熱を沈静化させる目的で、IEA(国際エネルギー機関)加盟国が協調して備蓄を放出する協調的緊急時対応措置(CERM)は、1990年の湾岸戦争による石油危機に際し大きな成果を挙げました。石油備蓄は、わが国のエネルギー政策に重要な役割を果たしています。